サヤ取りツールセットアップ

MT4の初期設定

重要
事前に必ず『購入者限定Line@』から取引するMT4の口座の申請を行ってください。
申請されていないMT4口座ではツールは起動いたしません。
※デモ口座で取引練習される場合は、デモ口座であることをお知らせください。
お知らせ
基本的にどの業者のMT4 でも設定方法は同じです。

まずは、MT4 を起動します。
MT4 起動後、「気配値表示」のエリア内で右クリックします。

 

下の画面が表示されますので、「すべて表示」を選択します。

 

するとMT4 業者の全ての銘柄が表示されます。

 

次に、再度「気配値表示」のエリア内で右クリックして「スプレッド」を選択します。

 

「スプレッド」が表示されます。

 

次にMT4 の左上にある「ツール」をクリックし、「オプション」をクリックしてください。

 

「オプション」画面が開きますので、「エキスパートアドバイザー」タブをクリックして、
下の写真の箇所、2 か所にチェックを入れて「OK」を選択する。
※それ以外の箇所は任意でチェックを入れてください。

重要
この設定をしないとツールが正常に動作しませんので、必ず設定してください。
 
 

MT4にツールをインストール

まず、ツールのインストールから始めます。
「Saya-Tool.zip」のファイルを販売サイトよりダウンロードしてください。

 

「Saya-Tool.zip」の圧縮ファイルを解凍してください。

 

解凍すると以下のようなフォルダ構成になっています。

 

次に、MT4 へのインストールの説明をします。
お使いのMT4 をダブルクリックして、MT4 を起動します。
※他のMT4 も同じように設定をしてください。

 

MT4 起動後、MT4 の左上にある「ファイル」をクリックし、「データフォルダを開く」をクリックしてください。

 

データフォルダが表示されたら「MQL4」をダブルクリックしてください。

 

次に「MQL4」の中にある「Experts」フォルダをダブルクリックして開きます。

 

先ほど解凍した「Saya-Tool」フォルダを開き、同じく「Experts」フォルダを開いてデータを移動します。

「Saya_Close.ex4」と「saya_Order.ex4」がExpertsフォルダに移動したことが確認できたら、「MQL4」の階層に戻ってください。

 

「Indicators」フォルダも先ほどと同じようにデータを移動します。

「Alpha.ex4」「Another_Chart.ex4」「Beta.ex4」「Correlation_Coefficient.ex4」
「Saya_Bollinger_Bands.ex4」がExpertsフォルダに移動したことが確認できたら、「MQL4」の階層に戻ってください。

 

「Libraries」フォルダも先ほどと同じようにデータを移動します。

「userAuth.dll」がLibraries フォルダに移動したことが確認できたら、「MQL4」の階層に戻ってください。

 

「Scripts」フォルダも先ほどと同じようにデータを移動します。

「Output.ex4」がScripts フォルダに移動したことが確認できたら、「データフォルダ」の階層に戻ってください。

 

データフォルダが表示されたら「templates」をダブルクリックしてください。

 

「Templates」フォルダも先ほどと同じようにデータを移動します。

「Saya-Templates.tpl」がtemplatesフォルダに移動したことが確認できたら、全てのデータ移動が完了です。

重要
全てのデータを移動できましたら、必ずMT4を再起動してください。
※移動したファイルを反映させるためです。
 
 

テンプレートを適用する

MT4を再起動させます。
MT4 画面の左上にある「ナビゲーター」アイコンをクリックします。

 

MT4 画面の左上にある「気配値表示」をクリックして表示します。
気配値の一覧から任意の銘柄選択して、ドラッグ&ドロップしてを新規チャートを開いてください。

 

チャートが表示されました。

 

次にチャート上で右クリックします。
右図のような表示が表れるので「定型チャート」をクリックします。

 

「定型チャート」の中から「Saya-Templates」を選択します。

 

「Saya-Templates」の定型チャートが反映されました。

注意
正常に表示されない場合は、再読み込みしてください。
テンプレートとは
MT4 に設定した背景色やラインの色、インジケータなどの設定をテンプレート化して保存してあるものです。